水曜以外もどうでしょう

北海道発。食べ歩きの記録グルメ情報や北海道の見どころなどをメモ替わりに書いています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑

≫ EDIT

Macトラブルの結末

マイマックが不調になってほぼ1ヶ月。色々試して、色々苦労して、
結末としては、

Macbook Proが2台になった。


原因を絞り切れない不運もあったが、たぶん、増設したメモリの相性か、メモリの不良かもしれない。
初歩的なミス? と言える。


自分メモで経過を書いておく。

(1)Macbook Pro(Mid 2009)がかるく不調に陥る。
 アプリ(特にMail)がたまに落ちる。それ以前にもあったが気になりはじめた。
 ディスクの修復にも失敗。
 「できるだけバックアップを取って、フォーマットしてください」的な悲しいメッセージ。

(2)「バックアップしているからいいや」と
 クリーンインストールを試みるも、OSインストールに失敗。
 ちなみに、このときはディスク修復をかけても問題は出なかったのだ。
 エラーは、「必要なサポートファイルをコピーできませんでした」


この時点で途方にくれる。
そして、ハードディスクを別なのに取り替えてインストールを試みるもだめだったから、
ロジックボードか? 光学ドライブか? はたまたインストールメディアか?
っていう???な状態に


(3)アップルストアに持って行く。
 ハードウェアのチェックは問題なし。
 外付けHDDによるブートから、問題なくインストールができた。
 この時点で、インストールDVDの裏面にキズがあることに気づく。
 円の傷。
 最初っからなのか、光学ドライブのレンズが付けてしまったのか、わからない。
 そんなわけで、光学ドライブの問題かどうか調べるため、
 書込を試してもらったが問題し。
 (後から、やっぱり光学も不調とわかるが。)
 光学ドライブを疑いながらも、
 インストールメディアの不良であろう、と一応結論づける。

(4)アップルケアサポートに電話で事情を説明し、インストールメディアを送ってもらうことに。
 snow leopardのCD-Rが2週間後に届く。

(5)アップルストアで再インストールしてもらったんで不自由はしていなかったが、
 やっぱり原因を特定したくて、届いたメディアでクリーンインストールを試みるも、またNG。
 光学ドライブ故障の疑いがあるから、別のMacでインストールDVDをHDDにコピー(復元)、それでもNG。
 エラー内容は、「DVDが読み込めない、清掃してください」的なこと。
 光学はともかく、HDDにコピーした方もだめとは・・
 2回目に届いた方もメディア不良なのかな?
 それとも、やっぱりハード的な問題?

 この時点で、Macはフォーマットされただけの状態。
 使えない。
 とりあえず、やむを得ず新たにMacbook Pro(Mid 2012)を購入する。
 新PCは当然問題なく動く。
 あとは、旧パソコンを修理に出すのか、自分で何とかするか、廃棄するかの判断。


(6)なんとかサポートにお願いして、もう一度メディアを送ってもらった。
 今度は急いでくれて、1週間ちょっとで届いたぞ。

(7)旧パソコンにインストールを試みる。
エラーで止まってしまったのだが、
今度は、過去2回とは違うエラー。

「インストールに失敗しました
 お使いのコンピュータにMac OS Xをインストールできませんでした。

 BaseSystemのパッケージ内容を検証することができませんでした。
 ソフトウェアの製造元に問い合わせてください。」

(8)上記エラーでgoogleさんで検索。
 メモリ不良の可能性があるという記事を発見。
https://discussionsjapan.apple.com/thread/10020011?start=0&tstart=0


そうだよね。基本的なことなのに、見逃していた。
2、3ヶ月前、購入から2年半たって今更、4G→8Gにメモリ増設したことを。

BuffaloのD3N1333-4GX2/E を2枚。元のメモリから差替えていた。
認識もしていたし、動作も安定していてメモリに問題があるとは思っていなかった。
アプリが落ちるのも、前からあったことで、問題はないと思っていた。
アップルストアでのテストで問題もなかったし。
そのテスト覚えてないのだが、Apple Hardware Testだったならば、このソフトはメモリ不良を検出しにくらしい。

確かに、Buffaloの対応製品には入っていない、安さで勝負したメモリだった。

購入時のメモリに戻したら、無事にインストールができてしまった。
最初に試してもよさそうなメモリ交換。
くやしいし恥ずかしい。
この1ヶ月なんだったんだ。

使えるMacbook Proが2台になった。
買わなくて済んだものを買ってしまった罪悪感はある。
でも、新しいのを手に入れたのは普通に嬉しいし、さまざまな経験ができた。

まずは、「メモリを疑え」だ。
ハード的な動作チェックを後でしてみよう。


ただし、再々送のOSがsnow leopard(10.6)ではなくleopard(10.5)だったのが腑に落ちない。
送るの間違えたのかな?
それとも、10.6メディアには不具合があって出せないのか?
盤面に傷も汚れもないのに、「清掃して」って言われるのはおかしい気がするし。

(9)10.5が動いている状態で、再送OSの10.6を上書きインストールした。
 疑わしいメディアと思っていたが、正常にインストールできてしまった。
 CDブート(実際には復元したHDDからのブート)だとNGだったのに。

インストールメディアについては、なんだか大丈夫なんだかダメなんだか今だにわからない。
光学ドライブはやはり読み込みがおかしそう。






 
スポンサーサイト
応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| Mac | 01:13 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vmemo.blog36.fc2.com/tb.php/650-67342a21

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。