水曜以外もどうでしょう

北海道発。食べ歩きの記録グルメ情報や北海道の見どころなどをメモ替わりに書いています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Firefox 4.0を高速化 SQLite Managerを使ってみる

以前の記事で、Firefox 3.6の遅さ解消に
SQLite Optimizer 0.7.7
の事を書いた。

http://vmemo.blog36.fc2.com/blog-entry-382.html

しかしながら、このアドオンは今のところFirerox 4.0に非対応で、現在は使えなくなってしまった。
Firefox 4.0は使うに連れて、どんどん動作が遅くなっていく一方。

別のアドオン、SQLite Managerを使ってみることにした。
参考になった情報はこちら。

Firefoxのアドオン「SQLite Manager」を使ってFirefox自体のデータベースを最適化する
http://www.padmacolors.org/entry/20090318/685/



早速、アドオンをインストールしてみた。
SQLite Manager 0.7.1

インストール後、Firefoxメニューの[ツール]→[SQLite Manager]で起動する。

SQLite Manager
(クリックで拡大)

画面はMac OS X。

上部の左から4つめのアイコンで、操作対象のデータベースファイルを読み込む。
つまりはボトルネックになっていそうで、最適化したいデータベースを選ぶ。
大雑把には、ファイルサイズの大きいものかな。

ファイルの読み込み元は、

Mac OS Xでは、

/User/<ユーザ名>/Library/Application Support/Firefox/Profiles/<文字列>.default/


Windowsでは、

C:\ユーザー\<ユーザ名>\AppData\Local\Mozilla\Firefox\Profiles\<文字列>.default\

LocalじゃなくてRoamingの場合もある。


とりあえずサイズの大きそうなplaces.sqliteを読み込む。

メインフィールドを「SQL実行」に切り替えて、SQL入力欄に「vacuum」と打って「SQLを実行」を押す。
vacuumは、ざっくり言うと使わなくなったデータの削除、データの整理整頓ですね。


一応、reindexも実行する。
これはSQLite Managerのメニューから実行できて、[インデックス]→[インデックスを再インデックス]から行う。


これだけでだいぶ遅さが解消されたので、places.sqliteだけで良さそうな気もするけど、
同じフォルダ内の .sqliteファイルを適宜読み込んで、同じ操作をする。


対象データベースを1つ1つ読み込まなければいけないのがちょっと面倒かな。
一気にできるともっと良いのだけど。

places.sqlite以外では、cookies.sqliteが効果があった気がする。



スポンサーサイト
応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| web系 | 12:54 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vmemo.blog36.fc2.com/tb.php/409-0ef9228d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT