水曜以外もどうでしょう

北海道発。食べ歩きの記録グルメ情報や北海道の見どころなどをメモ替わりに書いています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑

≫ EDIT

robots.txtにsitemapファイルを指定して検索エンジンに通知する方法

メモ。

サイトのDocumentRootにrobots.txtを配置して、
Sitemap: サイト名
という書式で書いておくと、各検索エンジンにサイトマップを通知できる。

例)
User-agent: *
Sitemap: http://www.example.com/sitemap.xml

クローラに検索させたい、させたくないというような許可・不許可の指定は、
Allow: フォルダ名
Disallow: フォルダ名

例えば、
Allow: /news

全拒否
Disallow: /

あとは、有名サイトだろうとなんだろうと、
「ルート直下のrobots.txtをみればどういう設定をしているのかわかる」
というのは、結構目からウロコだった。

Disallowしているディレクトリがなんなのか知りたくなっちゃったり。


本題からそれた。

で、気になったのは、Googleのウェブマスターツール、Yahooのサイトエクスプローラーを使ってサイトマップ送信することとの違い。

調べていったら、
「以前は、ウェブマスターツール、サイトエクスプローラ等を使って検索エンジン毎に個別に送信していたものがが、Robots.txtを使ってできるようになった」
というのが解らしい。

Google、Yahoo、Bingなどでこのrobots.txtでのサイトマップ送信に対応されているようだ。


では、ウェブマスターツールなどでのサイトマップ送信が不要になったのだろうか?

心配な私は、結局今でも両方やっている。
違いを知りたいところだ。

Yahoo!のサイトエクスプローラのヘルプによれば、


robots.txtで通知されたSitemaps形式のフィードURLは、フィード一覧には表示されず、処理状況を確認できません。


ということで、サイトエクスプローラを使うメリットはありそうだ。

Googleのウェブマスターツールについては、robots.txtを作成できる機能も付いているくらいで、やはり使う価値はありそうだ。


あとは、ブログなんかでftpの権利がなくてrobots.txtをユーザが自分で設置できないようば場合には、やっぱり検索エンジン個別のサイトマップ送信ツールを使わなきゃいけないという、落しどころかな。


スポンサーサイト
応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| web系 | 00:29 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vmemo.blog36.fc2.com/tb.php/230-0a7aa62c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。