水曜以外もどうでしょう

北海道発。食べ歩きの記録グルメ情報や北海道の見どころなどをメモ替わりに書いています。

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Windows 10へのアップグレードを抑止したい

Windows 10が発売されて1ヶ月あまり。
アップグレードした人も、少し待ちたい人もいるでしょう。
前回の記事スティックPCは10へアップグレードしました。

10発売後に購入した別のWindows 8.1のプレインストールマシンでは、アップグレードを待ちたかったのだが、
初期設定後の最初のWindows Updateの「オプションの更新プログラム」に既にWindows 10が入っており、
黙っていると、インストール(アップグレード)されるようになっているのです。
インストール途中でキャンセルすれば入らないんですが、
Windows 10アップグレードのチェックを外しても、
なんどもWindows 10のダウンロードからやり直そうとするんです。(またチェックが入っている)
これは、勘弁して欲しい。

ということで、他サイト掲載の方法で抑制ができました。

http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2015/07/23/windows-update-windows-10-1.aspx

1. Windows Update Client for Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2: July 2015をインストールする。

https://support.microsoft.com/en-us/kb/3065988

今のWindows 8が32ビット版であればx86-basedを選び、64ビット版であればx64-basedを選べばよさそうかな。

2. コマンドプロンプト(管理者)で以下を実行。

reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v "DisableOSUpgrade" /t REG_DWORD /d 00000001 /f

紹介されている、regeditで手動でレジストリを書き換える方法よりこっちのほうが簡単かと。

これで、Windows Update上からWindows 10が消えた。
※画面右下の、例のWindows 10予約のアイコンは消えない。
スポンサーサイト
応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| Windows | 13:57 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑

| PAGE-SELECT |