水曜以外もどうでしょう

北海道発。食べ歩きの記録グルメ情報や北海道の見どころなどをメモ替わりに書いています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-)| trackbacks(-)| TOP↑

≫ EDIT

photoshopのあれこれメモ - 黒の画像の色を変換する -

黒の画像(マーク系)を別の色に替える方法のメモ。

黒以外だと以下でできそうだが、黒ではイマイチうまくいかない。
イメージ → 色調補正 → 色の置き換え

黒の場合、イメージ → モードでグレースケールを選択し、一旦グレースケールにする。
その後、同じく イメージ → モード でダブルトーンを選ぶ。
そこで、色を選ぶ。
最後に、モードでRGBやCMYKを選ぶ。

うまくできた。
スポンサーサイト
応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| Photoshop | 02:34 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑

≫ EDIT

photoshopで動いているような加工をする

静止画なんだけど、人が走っているような加工をしたい場合。

背景をぼかすことで、人が動いているような、人が走っているような加工になるらしい。


このページが参考になりました。ありがとうございます。
http://www.designwalker.com/2007/08/photoshop-blur.html


動かしたい被写体以外をざっくりと選択して、ぼかし(移動)を使う。
フィルタ>ぼかし>ぼかし(移動) (cs4のメニューでは)

移動距離を大きくすると、よりボケるので、より高速感が出る。
ぼかし(移動)は、横向きの動きを表現するのに向いている。

ちなみに、背景選択時にも、選択範囲をぼかしておくと良いかも。
ぼかし量は画像の大きさ合わせて。


ほぼ、参考ページのまんまですが、
画面を飛び出すような、奥行きを使った動きについては、
ぼかし(放射状)を使うと良いようですね。


動いている表現だけじゃなくて、背景をぼかすだけで、
望遠レンズで写真を撮ったみたいな被写体が浮き出る加工ができる。


またまた勉強になった。

応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| Photoshop | 01:10 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑

≫ EDIT

photoshopのあれこれメモ - 画像を段階的に半透明にする -

例えば、左端は画像がそのまま不透明度100%、右端に行くにつれて徐々に半透明になり、最終的には不透明度0%にしたい。

まさに、やりたい情報がokwaveにあった。
http://okwave.jp/qa/q3215256.html



okwaveから引用

1・画像が背景になっていたら、一度その画像をレイヤーにする。(ダブルクリックでレイヤー0になるはずです)
2・そのレイヤーに「レイヤーマスクの追加」ボタンをクリックしてください(レイヤーパレットの下にあります)
3・そのレイヤーパレットをアクティブ(選択状態)にする。
 注意:必ず画像の方はクリックしないでください。マスクの方をクリック(選択)しておいてください。
4・描画色と背景色を一度デフォルトにする。
5・描画色を黒、背景色を白にする。(デフォルトの逆ですね)
6・左を透明にしたければ左からグラデかけていってください。




レイヤーマスクを使う方法だ。

レイヤーマスクが何かわからないし、描画色と背景色を一度デフォルトにしてから、逆にする、
というのもイマイチわからない。
いきなり「5」を実施してもできてしまったけど、たまたまなのかな。

理屈がわかってないから、ダメだ。

ちなみに、1方向だけ半透明にするのではなくて、2方向にグラデーションをかけたい場合には、
マスク部分を右クリックして、「レイヤーマスクを適用」を行ってから、2~6をもう一度行うと良い。

レイヤーマスクを適用せずに、マウスドラッグだけすると、最初の操作が上書きされる。



応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| Photoshop | 18:27 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑

≫ EDIT

photoshopのあれこれメモ - 画像から電線などのゴミを消す -

写真に写したくない物が写ってしまったときに、それを消したい。


↓このページが参考になった。フォトショップ講座⇒フォトショップ道場
http://photo-collage.jp/gensougarou/photoshop/photoshop21.html

要するに、消したいゴミの周りの柄や色を被せてなじませるしかないのだ。


その方法が、主に、
★周りの画像をコピーしてペーストする方法
★スタンプツールを使う方法
がありそうだ。



★周りの画像をコピーしてペーストする方法

要するに近い色や柄の範囲を選択してコピーする。
普通の[長方形選択ツール]でも[楕円形選択ツール]でも良いし、
状況に応じて[なげなわツール]でも[多角形選択ツール]でも良い。

参考ページにあるように、ぼかしを任意のピクセルで設定して、アンチエイリアスにチェックを入れておくと、良いようだ。使わないと、切れ目のところがくっきりし過ぎて、貼りつけたのがモロバレしてしまう。


選択範囲を決めたらコピーしてペーストする。または、Altを押しながら移動しても良さそうだ。



★スタンプツールを使う方法

スタンプツールは知らなかった。

スタンプツール


今までは、[スポイトツール」で吸い取った色をただ、[ブラシツール]で塗るだけだった。。
便利なものがあるんですねー。

スタンプツールは柄のままコピーできるんですね。

コピー元の位置をaltを押しながらクリックして、ペースト先でクリックする。

注意が必要なのは、一度altを押したら、「ずっとその位置の画像を保持している訳ではない」ということ。
これに最初はまった。
一度altを押したら、「その位置を保持して、相対位置にある画像をペーストできる」。。

言葉にすると難しい。

例えば)

(1)A地点で、altを押してクリック。
  ↓
(2)B地点にペーストする。
  ↓
(3)B地点からマウスを右に1cmずらしてペーストする。

このとき(3)でペーストできるのは、A地点の画像ではなくて、A地点から1cm右の画像なのだ。
これ、注意。
便利なこともあるけどね。

スタンプツールは「硬さ」と「不透明度」を下げたほうが、うまくなじむコピーができる。


そのほか、ブラシ、エアブラシツールでもできるらしいのだが、まだまだわからないことだらけだ。


応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| Photoshop | 16:07 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑

≫ EDIT

photoshopのあれこれメモ - 画像の一部を切り抜く -

photoshopをバリバリ使えるようになりたいのだが、
たまにしか使わないので、進歩がないし、むしろやり方を忘れて退化している。。


昨日、いろいろな加工をやって、自分では進化したつもり。
忘れないうちにメモ。
photoshop cs4の場合。

★パスを使って画像の一部を切り抜く。

写真の中にうつった人物だけを切り抜いて取り出したい場合。
ブルーバック、グリーンバックのクロマキーで撮映できれば簡単なんですけどね、そんなのは非日常。


今までは、とにかく、[マグネット選択ツール]だけしか使えなかった。
だから、画像の境目がはっきりしない所はほぼ諦めていた。

が、[ペンツール]を使って「パス」を作成すると便利。
「パス」というのを拒絶してきた。

ペンツール
ペンツール

ペンツールは曲線や直線が引ける。

直線:マウスクリックをそのまま離す。
曲線:マウスクリックから放さずにドラッグ、円弧の形を決める。

詳しいペンツールの使い方は他にも参考ページがあるでしょう。(笑)

パスによる囲みを作ったら、パスを選択範囲に変える。

パスを選択範囲に変換

自分の場合は、選択範囲をカットする。

「画像の一部を切り抜く」というと、「必要なところを選んで取り出す」ことを考えていたが、「いらないところを選んで消していって、必要なところを残す」と考えると、マグネットツールとパスを併用して少しずついらないところを消すのが自分には合っている。

効率は悪いかも。


応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| Photoshop | 14:48 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。