水曜以外もどうでしょう

北海道発。食べ歩きの記録グルメ情報や北海道の見どころなどをメモ替わりに書いています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インストールされているOfficeのプロダクトキーを調べる

WindowsにインストールされたOfficeのプロダクトキーを調べる方法。

どのキーのOfficeをどれに入れたかわからなくなった場合に有効。

参考サイト)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2549679

コマンドプロンプトを起動して以下を実行。

■32 ビット版の Windows で 32 ビット版の Office をお使いか、64 ビット版の Windows で 64 ビット版の Office をお使いの場合

Office 2013 用:
cscript "%programfiles%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /dstatus

Office 2010 用:
cscript "%programfiles%\Microsoft Office\Office14\ospp.vbs" /dstatus

■64 ビット版の Windows で、32 ビット版の Office をお使いの場合

Office 2013 用:
cscript "%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /dstatus

Office 2010 用:
cscript "%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office14\ospp.vbs" /dstatus

これで表示される出力で
「Last 5 characters of installed product key」にプロダクトキーの末尾5文字を取得できる。
これで、キーの判別はつくでしょう。

さらに、この5文字をregeditで値検索すると、フルのキーがわかる場合があることも。


そして、Officeが起動する状態では、
マイクロソフトのアフターサービス窓口で条件が揃えば再発行をしてくれる場合がある。

0120-54-2244
1番 → 5番を選択(アフターサービス窓口へ)

OSリカバリをしたいのだが、Officeのプロダクトキーがなく、なんとかならないですか? 状況を説明して、
質問に答えながら、Officeが起動をするし、プロダクトIDを伝えたり、正規品であることを確認した上で。

スポンサーサイト
応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| Windows | 18:27 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑

≫ EDIT

Windows10にてHDDをSSDに換装する

PC:DELL Vostro 3650 ミニタワー
OS:Windows 10 Home 64ビット
メモリ:DDR3L 4GB
交換前HDD:WD10EZEX 1.0TB 7200rpm SATA 6Gb/s
交換後SSD:Crucial MX300 2.5-inch 525GB (CT525MX300SSD1)

まずは、交換前のHDDのスコア計測。CrystalDiskMark 5.2.0 x64を使用。
Windows10にてHDDをSSDに換装する

ほぼほぼ、買ったばかりの状態で、
余計なソフトが入っているわけでもなく、遅いと感じててからの交換ではない。
最初からSSDへ換装のつもりでした。

SSDへクローンを作成する。EaseUS Todo Backup Free 9.2を使用。
今回は1TB → 525GBという小さい容量側へのクローン化。
これを無料のソフトでできるのはありがたい。
しかも、起動ディスクとして利用中のディスクをOSが入った状態でクローン化できるなんて信じられないですね。
HDD/SSDをまるごとコピーをするハードウェアを持っているものの、それは同じか大容量へのコピーしかできない。

さて、換装完了し再計測。
Windows10にてHDDをSSDに換装する

もちろん、PC起動が明らかに早いし、スコアも見違えるような数字。

念のため、噂の「アライメント」を確認してみる。
SSD化の場合特に、「パーティション開始オフセット」がずれると本来の能力を発揮しないのだとか。

「msinfo32」コマンドを実行して、下記の様にたどって確認する。
→コンポーネント → 記憶域 → ディスク

Windows10にてHDDをSSDに換装する

はい、
青反転の部分。674,505,216は4096で割り切れません。ダメなやつですね。
パーティション開始オフセットは4096で割り切れないといけないのです。
元のパーティションはリカバリ領域他、4つに分かれていて、クローンニングでSSDも4つに分かれました。
その中で、一番大事な、477GBのメイン領域(パーティション1)の先頭がずれました。
パーティション0は 、8,257,536で割り切れました。
複数パーティションに分かれた場合には、全部のパーティション開始オフセットを確認した方が良さそうですね。

EaseUS Todo Backup Freeでもう一度クローン化を実施するのだが、
このとき、参考サイトの様に、「SSDに最適化」にチェックを付けることが大事だそうで。
http://tvcap.fc2web.com/easeus-todo-backup/ver70/easeus-todo-backup70.html

クローン化終了して、ディスクを取り替え再計測。
Windows10にてHDDをSSDに換装する
4Kのリード、ライトが、数値があがりました。

パーティション開始オフセットが4096で割り切れることを確認。
Windows10にてHDDをSSDに換装する


これでOKですね。
快適です。

クローン化は約13分で終了。すごく速い。

(12/5追記)
EaseUS Todo Backup Freeに下記の日本語公式ページはこちら↓
http://jp.easeus.com/backup-software/free.html


交換手順のなかで気になったことは、
実は、最初のクローン化のときにも「SSDに最適化」にチェックを付けていた気がする。
ダメだったということは、間違えたのかな?
それとも、うまくいかない場合もあるのかな?

Vostro 3650はミニタワーであり、スモールシャーシの3250よりは大きいものの、やはり中は狭い。
SATAのケーブルがCPUファンに干渉しこすれることがあり注意が必要だった。
Windows10にてHDDをSSDに換装する

今回の商品はこちら。Crucial MX300 2.5-inch 525GB (CT525MX300SSD1)
Windows10にてHDDをSSDに換装する
256GB前後でも十分かなと思いつつ、525になったからといって値段が倍にはならないというギガ単価にひかれて大きめを購入。

ORICOのマウンタを使用。
Windows10にてHDDをSSDに換装する

下記に、商品/メーカーリンクを貼っておきます。

デル株式会社






応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| Windows | 15:15 | comments:1| trackbacks:0| TOP↑

≫ EDIT

phpでセッションが切れることにハマる

phpでセッションに保存した値が、ページ遷移後に消えてしまう現象に出くわした。
かなり困り果ててしまった。

下記の参考ページで解決。

参考ページ)iPadのsafariでPHPセッション切れ現象(メモ)
http://blog.shinkaku.co.jp/archives/28945045.html

当方では、
参考ページの様に、アイコンタップでセッションが切れるという問題ではなく、
パソコンの普通のブラウザでページ遷移をした後に切れてしまう。

原因は、遷移先のページに下記の記述を入れておいたこと。
<link rel="apple-touch-icon" sizes="180x180" href="">
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" href="">
<link rel="shortcut icon" href="">
<link rel="icon" sizes="192x192" href="">

開発中のため、
href=""
の様に、href内を空にしていたのが原因。
ダミーのファイル名を入れることで解決。(ファイルが実在しなくてもOKでした)

こんなことがあるんですね。
応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| web系 | 15:43 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑

≫ EDIT

非RetinaのMacで4Kモニタに出力

当方は、
MacBook Pro 15-inch, Mid 2012、OS X ElCapitan。

結論としては、4K表示をすることができました。

Appleの4Kディスプレイ対応機種として、Mid 2012はリストされていません。
つまり、Appleのサポート上は、4K出力できない機種となっています。

Appleサポート
https://support.apple.com/ja-jp/HT206587

下記の情報を頼りに、ドキドキしながら4Kモニタを購入し勝負しました。

http://applech2.com/archives/35711590.html


準備したのは3つ。
・4Kモニタ Philips 43型ワイド液晶ディスプレイ BDM4350UC/11
・変換アダプタ Accell UltraAV Mini DisplayPort 1.1 to HDMI 1.4 Active Adapter (B086B-008B - Blister)
・ソフトウェア SwitchResX

非RetinaのMacで4Kモニタに出力

左から17インチ、24インチ、43インチ。
43インチは大迫力です。

非RetinaのMacで4Kモニタに出力

標準的なWEBサイトなら、ブラウザが横に4つ並ぶ広さです。
机が小さくて、目からモニタまで50cmしか確保できていない。端を見るには結構首を振らないと見えない。(笑)
目と姿勢・・今後大丈夫だろうか・・・・。

SwitchResXは、サポート外の解像度を表示させるソフトのようだ。
導入前は、2,560 x 1,600までしか選択肢が表示されなかったのが、4Kの3,840 x 2,160が選択できるようになった。
EL Capitanの場合には、ちょっと特殊設定が必要だよ、的な情報が製品のサイトに書いてあった。
「"SIP"をOFFにする」という行為らしいです。
http://www.madrau.com/support/support/srx_1011.html

(1)コマンドキー + Rを押しながら、リカバリーモードで起動する
(2)ターミナルを起動し、下記のコマンドを実行
 # csrutil disable

SwitchRexX で 3840 x 2160, 30Hzを選択
非RetinaのMacで4Kモニタに出力

満足しております。

今回買った、モニタとアダプタを貼っておきます。





応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| Mac | 01:13 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑

≫ EDIT

MySQLのエラー「Row size too large」

データベースのupdate時に以下のエラーが発生。

#1118 - Row size too large (> 8126). Changing some columns to TEXT or BLOB or using ROW_FORMAT=DYNAMIC or ROW_FORMAT=COMPRESSED may help. In current row format, BLOB prefix of 768 bytes is stored inline.

ひとつのレコード(1行)の上限って8126バイトなんですね。
ROW_FORMATという言葉も、後から出るストレージエンジンという言葉も知りませんでした。

ネット検索すると、
ストレージエンジンが「InnoDB」の場合で、ROW_FORMATが「Compact」のとき、8126が上限らしいですね。
「8Kの壁」というらしいです。

で解消方法を調べると・・。

参考ページ)
http://sawara.me/mysql/2219/

エラーメッセージにもある通り、まずは、
ROW_FORMAT=DYNAMIC または ROW_FORMAT=COMPRESSED に変えたいと試みる。

以下のコマンドで、テーブルの状態を確認
SHOW TABLE STATUS LIKE 't1'

Engine: InnoDB
Row_format: Compact だと言っている。

ところが、
ALTER TABLE `t1` ROW_FORMAT=DYNAMIC;
として、もう一度 SHOW TABLE STATUS LIKE 't1' で確認しても、Row_formatが変わらないのだ。
まさに、参考ページの通り。

で、
SHOW GLOBAL VARIABLES LIKE '%innodb_file_%';
を実行して、ファイルフォーマットが、「Antelope」になっているのも参考ページと同じ。
ファイルフォーマットが「Antelope」の場合には、ROW_FORMATの変更が効かないんですかね、わかりませんが。
ファイルフォーマットを「Barracuda」にしなさいとのこと。
自前サーバーだと、/etc/my.cnfをいじるところ。しかし、今回はレンタルサーバーなのでそれができない。

じゃ、
ストレージエンジンを変えるしかないのですかね。
ストレージエンジンとはなにか知りませんでした。

参考ページ) ストレージエンジン MyISAMとInnoDBの違い
http://onlineconsultant.jp/pukiwiki/?MyISAM%E3%81%A8InnoDB%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84

今回のアプリケーションでは、トランザクションが使えなくても良いでしょう・・
ということで、MyISAMへの変更をすることにした。

ALTER TABLE `t1` engine=MyISAM;

これで、1行のバイト数制限が緩んだ。
64KBなのかな? ちょっと詳しくはわかりません。
とりあえず、8KBでエラーになっていたデータは通りました。

結論から書けば良いのですがね、苦労の過程を書いてみました。

応援宜しくお願いします。ポチ↓↓
fC2ブログランキング にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


| データベース | 01:39 | comments:0| trackbacks:0| TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT